36歳の元ソープ嬢

先日、優良な風俗求人サイトのいちごナビを通して行った、夜シフト対応可能な独身
30代女性求人キャンペーンを行ったところ、多数の応募者が
集まりました。

そのうちの一人との面接内容を、ちょこっとカミングアウトしてしまいます。

その女性の年齢は36歳。

何と、元ソープ嬢という肩書きを持つ、風俗のプロでした。

といっても、ずっとソープで働いていたわけじゃなくて、キャバクラや
セクキャパでも働いた事もあり、要するに風俗の仕事を生業にしていた
らしいのです。

私はデリヘルとホテヘルのお店でしか働いた事がないから、その他の
業種に関しては、伝え聞く内容しか知りませんが、その点、この女性の
方が詳しいでしょう。

この女性が風俗の業界に足を入れたきっかけになったのが求人サイトを見て入店したそうです。

風俗の仕事を歴任してきた経緯もあって、36歳にしては、見事なプロポーション
をしております。

身長は157cmと普通位。

スリーサイズはB91F W59 H88と、本当に腰にくびれがあって、お尻もキュッと
していて、外人のようなスタイルでした。

スタイルだけじゃなくて、顔立ちも、ほりが深くて目が大きく、アラブ系の外人みたいです。
っていうか、香椎由宇みたいな顔立ちです。

「なんだか外国の人みたいですね。 よく言われません?」

面接の最中、ボソッと言うと

「あ?やっぱそんな風に見えますか? 実は母方の祖母が中東系で、私、クォーターなんです」

そうクォーターの女の子を他で捜したいのでしたら、優良風俗情報サイトの五反田の風俗などのサイトを見ることをおススメします。

「へ?あ、そうなの?」

思いつき発言が、実は的を得ていたという、何とも奇妙な話ですが、中東系のクォーターというもの
また珍しい。

それはさておき、今回、なぜデリヘルの求人に応募してきたのか、いきさつを聞いてみたら

「お話したとおり、私、いろんな風俗の仕事を転々としてきて『仕事』としては、これしか知らないんですよね
今更、会社勤めとかそんなの出来ないし。 で、色々と昔の仕事仲間なんかに聞いたら『今、熟女系のデリヘル
って、選手寿命長いみたいだから、一回面接に行ってみたら?』って薦められて、インターネットの風俗求人サイト
を見たら、このお店で熟女大募集してたもんで、応募したんです」

なるほど。 っていうか、風俗嬢の選手寿命という表現が、まさに筋金入りのプロな感じがしますが。

業界内でスカウトとかは、ご法度ですが、女性自身の判断でお店をやめてから、面接に来るなら話は別です。

私は経験豊富な彼女に、是非うちで働いてほしいという希望を伝え、彼女も快諾。

こうして、すごいキャリアをもつ熟女系デリヘル嬢が、夜のシフトにスタメンとして入ることになりました。

早速ですが、彼女のプロフィールを優良風俗情報サイトの西葛西デリヘルなどのサイトに掲載していこうと思います。